AnaFocusが画像センシング展2012にて、マシンビジョンや高度交通システム(Intelligent Transportation Systems(ITS))に最適なLINCE5M 5.2 M pixel CMOSセンサーを発表

横浜、日本, May 24, 2012
AnaFocusが画像センシング展2012にて、マシンビジョンや高度交通システム(Intelligent Transportation Systems(ITS))に最適なLINCE5M 5.2 M pixel CMOSセンサーを発表

セビリア、スペイン、2012年5月24日

AnaFocusは、マシンビジョンや高度交通システム(Intelligent Transportation Systems(ITS))に最適な LINCE5M 5.2 M pixel CMOSセンサーを、横浜で開催される画像センシング展2012で発表致します。 Lince5Mは、低ノイズで高ダイナミックレンジが必要な監視用途から、高速、高解像度のマシンビジョンに至るまで、多種多様な分野でご利用頂ける優れた性能の高速画像センサです。
Lince5Mは、5.2M画素の高速読み出し可能なイメージセンサで、グローバルシャッター動作し、ハイダイナミックレンジ(HDR)の機能も持っています。
センサアレイは、CMOSプロセスのサイズ、コストおよび機能組み込みの利点を維持しながら、高品位の画質を提供するためにフォトダイオードとCMOSアクティブピクセルを最適化しています。
画質性能は、グローバルシャッター動作で、ハイダイナミックレンジ(HDR)モードで 100dB以上、リニア出力で 61dBのダイナミックレンジをもっています。

LINCE5Mの高速動作をご確認頂けるよう、カメラを使ったデモが弊社ブースにてご覧いただけます。
 

AnaFocusについて

AnaFocusは、洗練された光学補正、画像処理や高速データ通信をイメージセンサ技術に組み合わせた最先端のCMOSシステム·オン·チップ·ソリューションを設計、製造するスペインの企業です。工業用、監視および科学など広範囲な分野でご利用頂ける標準製品やカスタムサービスは、www.anafocus.comでご覧いただくことが出来ます。